Blog&column
ブログ・コラム

創業時の資金調達法

query_builder 2021/04/15
コラム
adult-businessman-ceo-contemporary
創業に必要な資金は、さまざまな方法で調達できます。

▼資金調達法おすすめ3選
さっそくおすすめの資金調達法を見ていきます。

日本政策金融公庫
日本政策金融公庫の創業融資を利用すれば、無担保かつ代表取締役の連帯保証が不要で融資が受けられます。

最大で3,000万円の融資が受けられますが、以下のような一定の自己資金要件を満たしていなければ利用できません。

・融資希望額の10分の1を所有している
・信用情報に傷がついていない(過去にローンを滞納していたりすると難しくなる)
・1~2%ほどの金利を上乗せして返済できる

■制度融資
制度融資は地方自治体からお金を借りられる制度のこと。

個人事業主や中小企業が1%といった低金利で融資を受けられます。

ただし制度融資は融資実施までに3か月ほどかかったり、申請に必要な書類が多かったり、自治体ごとに利用できる制度融資が異なったり、というデメリットがあります。

■補助金、助成金
補助金や助成金は返済義務がないお金のこと。

全国各地の自治体には、創業補助金などさまざまな制度が用意されています。

▼まとめ
今回ご紹介した以外にも、個人投資家である「エンジェル投資家」から出資を受ける方法や、インターネット上で資金を募る「クラウドファンディング」などさまざまな資金調達法があります。

「創業のために資金を用意したい」「資金調達の相談がしたい」というかたは、大阪市中央区にある藤原公認会計士事務所まで、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 借り換えによりリスケを回避した会社

    query_builder 2021/01/12
  • 会社設立の申請に必要な書類は?

    query_builder 2021/10/15
  • 銀行が融資したくないのはどんな会社?

    query_builder 2021/09/15
  • 融資を受けやすいのはどこ?資金調達の方法と特徴について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE