Blog&column
ブログ・コラム

経営者はサポート役が必要

query_builder 2021/04/01
コラム
assistant-boss-breakfast-breakfast-meeting
「経営者は孤独」と言われることも多いですが、全くの孤独だと重要な判断を誤る可能性があります。

成功する経営者には、必ずと言っていいほど「右腕」のような存在がいます。

最後の最後は経営者が決断しなくてはなりませんが、ある程度はサポートしてくれる人が必要なのです。

大企業なら「右腕」のような幹部もいるかもしれませんが、人材が少ない中小企業ではそうはいきません。
身近にサポート役がいない経営者は、何らかの方法でサポート役を探さなくてはなりません。

▼悩みを1人で抱える必要はない
業績がある程度好調の時でも、全く悩みがない経営者はいないのではないでしょうか。

資金繰りの悩みはもちろん、社員に関しての悩みや販路の問題など、さまざまな悩みがあるでしょう。

特に中小企業はワンマンの経営者が多く、悩みを相談できる幹部がいない場合も多いです。

中小企業庁が2005年に発表したデータによると、「経営者に右腕がいる企業のほうが従業員の増加率が高い」ということが分かっています。

▼社長を超える提案をしてくれる場合も
右腕のような存在が、時には社長を驚かせる柔軟な経営戦略を提示してくれることもあります。社長のご機嫌を取るだけのイエスマンはNGです。

もちろんサポート役であっても、経験や知識が豊富でなければいけません。

また社長とは異なるスキルを持っていることも必要でしょう。

▼まとめ
「経営をサポートして欲しい」というかたは、当社がお手伝いできます。

会社を経営する過程で、さまざまな問題が出てきます。資金調達や事業戦略、経営方針など、将来を見据えたご提案をさせていただきます。

「会社の経営をサポートして欲しい」「気軽に相談できる人を探している」というかたは、ぜひ大阪にある藤原公認会計士事務所まで、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 借り換えによりリスケを回避した会社

    query_builder 2021/01/12
  • 経営の不安を解消するには?

    query_builder 2021/06/22
  • 資金調達の基本。良い条件で起業するには

    query_builder 2021/06/15

CATEGORY

ARCHIVE